自己破産の選択肢

自己破産の選択肢

様々な事情で借金の額が膨らんでしまい、もうどうしたら良いのか自暴自棄になってしまったという方は大勢います。
本来であればお金を借りた以上は返済していくべきなのは当然のことですが、生活がままならない以上は自己破産という選択肢を選ばざるを得ないこともあるかと思います。
自己破産は法律で認められている制度であり、経済的に破綻してしまった債務者を支援するための最後の手段ともいえる選択肢となります。

自己破産の手続きを行い裁判所から支配能力がないと認められた債務者は免責不許可事由がない限りに最低限の生活費や財産以外を換価して債権者に配当し、破産手続きを行うことになります。
債務者にとっては借金がゼロになる代わりに土地や自宅などの不動産や99万円以上の現金、20万円以上の預貯金などを失うことになります。
ただし場合によっては借金返済のために自己破産という選択肢しかないというわけではありません。
任意整理の場合は裁判を行わずに債権者と返済方法について話し合いお互いに和解するための手続きをいいます。
従来の返済額では生活が難しいため、月々の支払額を減額させたいという場合などに行われます。
場合によっては任意整理によって過払い分の利息を返済金に充てることで返済金を相殺できたり、減額することが可能になります。
また、個人再生の場合は任意整理では解決が難しいが自宅などの財産を守りたいので自己破産は避けたいという場合に行われる手続きです。
住宅ローンが残っている方に関しては住宅ローンが減額されることはありませんが、その他の借金については整理することで月々の返済額を減額できる可能性があるということです。
自宅を失うことなく、月々の返済額を減額したいという方に良い選択肢といえます。

このように借金返済の選択肢については自己破産だけではありません。
自分の場合はどうなのだろうと思う方は借金問題に詳しい弁護士に相談するのが一番です。
まずは無料の借金返済シュミレーションでご自身の状況を確認し、今後の返済計画を検討してみてはいかがでしょうか。

過払い金請求についてのポイントをまとめます。
ポイント
①過払い金は、過去にキャッシングや借り入れをして利息を払ったことがあるひとであれば、大体発生している。

②過払い金は、少額そうで実は結構高額になっていることが多い。

③過払い金は、10年経つと取り戻せない。

④弁護士や司法書士に相談しないと取り返せない確率が高い。過払い金の予想額を聞いてから報酬をその中で支払えればお願いすれば良い。着手金0円のところもある。


【過払い金を取り戻す具体的な方法】
まず、借金返済シミュレーターで必ず現在の状況を確認することが非常に大切です。これで今の借金の返済に関する大体の状況が把握できるからです。

>>まだの方は今すぐ借金返済シミュレーションしてみましょう。

次に法律相談事務所の弁護士や司法書士に相談しましょう。事務所に行こうと思うと範囲が限られてしまうので、電話やメールで相談ができ、事務所に行かなくても良いところにしようとしましたが、法律相談所は事務所に行くことになるところが多く、メールと電話だけで、着手金0円のところはなかなか見つかりませんでした。

やっと見つかったのが以下の無料サービスで、全国どこでも電話とメールで借金返済や過払い金に関する相談できます。借金に関する簡単な質問に答え、お名前、電話番号、メールアドレスの登録のみ相談できます。複数のサイトに相談すれば様々なアドバイスがもらえますし、それぞれのサイトで過払い金請求のコツが異なりますので、複数のサイトに登録することをお勧めします。

【無料】樋口総合法律事務所

【無料】おしなり法律事務所

【無料】新大阪法務司法書士事務所

【無料】RESTA法律事務所

【無料】リヴラ総合法律事務所

それでは、あなたが無事過払い金を取り戻せることをお祈りしています。