過バライ金 借金相談ホットライン 着手金0

過バライ金 借金相談ホットライン

「過払い金を取り戻すことができる」ということは、テレビCMや電車の広告でよく見かけるのでご存知の方が多いでしょう。

しかし過払い金について素人でもわかりやすく説明されているサイトは少ないので、過バライ金 借金相談ホットラインでは最初に過払い金について細かく解説します。まず、過払い金についてしっかりと理解をしましょう。

ポイント
過払い金とは、グレーゾーン金利を採用している消費者金融、クレジット会社、大手デパートカードなどの貸金業者が、利息制限法の上限を超えて取り続けていた利息のことを言います。

上記の図のように借入額に応じて「利息制限法による法定金利」と「出資法による上限金利」が定められています。この間をグレーゾーン金利と言います。

このグレーゾーン金利が、過払い金なのです。

今まで、カードのキャッシング、消費者金融からの借り入れなど何かしらの借り入れをした場合に、利息が付いたかと思いますが、金利を覚えていますか?おそらくこのグレーゾーン金利の範囲になっていると思います。つまり多くの人が、知らず知らずのうちに取られ続けていた、払い過ぎた利息のことなのです。

利息制限法という法律で「10万円未満のキャッシングでは20%以上、10万円~100万円未満では18%以上、100万円以上では15%以上の利息は絶対に取ってはいけない」と定められているにもかかわらず、広く名前が知れ渡った多くの多くの貸金業者(消費者金融など)がこの法律に違反し、グレーゾーン金利の範囲の利息を長年にわたって取っていました。

このことに対し過去に裁判が起こり、最高裁判所は「貸金業者(消費者金融など)は、利息制限法で定められた以上の過払い金(=グレーゾーン金利)を、キャッシング利用者に返還しなければならない」という判決を出しました。

この判決が判例となり過払い金(=グレーゾーン金利)を取り戻すことができるようになりました。


ここまでで、過払い金について理解は深まりましたでしょうか?

それでは、例えば50万円のキャッシングを利息21%で借り入れた経験がある場合、利息制限法の金利は18%になるので、たったの年間3%でしょ?と思うかもしれません。しかし3年間50万円のキャッシングをしていた場合、毎月のグレーゾーン金利の返済に対する金利も計上されていますので、以下のように、79,133円もの過払い金が発生しているのです。利息26%だと227,118円になります。

過払い金は意外と大金であることをご理解できましたか?

それでは、どうやったら過払い金を取り戻すことができるのでしょうか? 過払い金請求は、弁護士や司法書士に依頼しなければできないというものではありません。個人でも行うことができます。しかし、残念なことに素人が相手ではまともに対応してくれない貸金業者も多いのです。時間だけを使ってしまい、結局はお金を回収できなかったという人も多いと聞きます。

でも弁護士や司法書士に依頼するとお金がかかりそうですよね?着手金0円で対応してくれるところはないでしょうか?

弁護士も司法書士も相談は無料で対応してくれるところがあります。借りていた金額、返済した額、金利、返済期間などによって過払い金は大きく変わってきますので、まず弁護士や司法書士に相談してみるのが良いでしょう。 取引状況を確認し、大体の金額を予想して教えてくれます。 弁護士や司法書士の報酬は、大体の予想に基づき、取り返した過払い金の中から支払いをすれば良いですし、足りない場合は個人でがんばるかあきらめれば良いのです。

最後に、過払い金の請求期限は10年となっています。グレーゾーン金利で大手がキャッシングを大々的に行っていた時期は7、8年前くらいがピークでしたので、取り返すチャンスは今しかないのです。

過払い金請求についてのポイントをまとめます。
ポイント
①過払い金は、過去にキャッシングや借り入れをして利息を払ったことがあるひとであれば、大体発生している。

②過払い金は、少額そうで実は結構高額になっていることが多い。

③過払い金は、10年経つと取り戻せない。

④弁護士や司法書士に相談しないと取り返せない確率が高い。過払い金の予想額を聞いてから報酬をその中で支払えればお願いすれば良い。着手金0円のところもある。


【過払い金を取り戻す具体的な方法】
まず、借金返済シミュレーターで必ず現在の状況を確認することが非常に大切です。これで今の借金の返済に関する大体の状況が把握できるからです。

>>まだの方は今すぐ借金返済シミュレーションしてみましょう。

次に法律相談事務所の弁護士や司法書士に相談しましょう。事務所に行こうと思うと範囲が限られてしまうので、電話やメールで相談ができ、事務所に行かなくても良いところにしようとしましたが、法律相談所は事務所に行くことになるところが多く、メールと電話だけで、着手金0円のところはなかなか見つかりませんでした。

やっと見つかったのが以下の無料サービスで、全国どこでも電話とメールで借金返済や過払い金に関する相談できます。借金に関する簡単な質問に答え、お名前、電話番号、メールアドレスの登録のみ相談できます。複数のサイトに相談すれば様々なアドバイスがもらえますし、それぞれのサイトで過払い金請求のコツが異なりますので、複数のサイトに登録することをお勧めします。

【無料】樋口総合法律事務所

【無料】おしなり法律事務所

【無料】新大阪法務司法書士事務所

【無料】RESTA法律事務所

【無料】リヴラ総合法律事務所

それでは、あなたが無事過払い金を取り戻せることをお祈りしています。


借金返済に関する記事

モビットに返済できないとどうなるの?

モビットに返済できないとどうなるの?

モビットでキャッシングを利用している方が何らかの理由で期日までに返済できないという場合はどうなってしまうのか確認してみましょう。何も連絡を入れずに返済が遅れてしまう場合は、これまでの取引状況に…

ユニズムに返済できないとどうなるの?

ユニズムに返済できないとどうなるの?

ユニズムからの借入に対して指定の期日までの返済が難しいという場合はどんな結果になってしまうのか考えてみましょう。ユニズムでは借入の申込時にインターネットの申込みフォームより簡単に手続きができる…

キャネットに返済できないとどうなるの?

キャネットに返済できないとどうなるの?

キャネットでキャッシングを利用している際にもしも返済できないことになってしまうとどうなってしまうのか確認しましょう。キャネットの場合は店頭窓口か銀行口座への振込という方法になっていますので、指…

ノーローンに返済できないとどうなるの?

ノーローンに返済できないとどうなるの?

ノーローンは1週間無利息キャッシングで有名な会社ですが、約束の返済期日にどうしても支払ができないという場合も考えられます。もしも返済ができない、期日に遅れたという場合はどうなるのか確認しておき…

DCキャッシュワンに返済できないとどうなるの?

DCキャッシュワンに返済できないとどうなるの?

DCキャッシュワンでお借入をされていた方が債務を返済できないようになった場合はどうなってしまうのか確認してみましょう。現在はDCキャッシュワンは会社として存在しておらず、アコムのキャッシュワン…

ぷらっとに返済できないとどうなるの?

ぷらっとに返済できないとどうなるの?

消費者金融のぷらっとは何度か社名を変更して2009年にはクラヴィスという社名になっています。しかし2012年に自己破産を申請しており現在は破産手続きの開始決定を受けている段階になっています。過…